2023年のトップ15ベストディープフェイクアプリ{Deepfakes apps}

ディープフェイクのエキサイティングな世界へようこそ!

動画の顔を入れ替えたり、かっこいいものを作ったりできる技術です。しかし、大ざっぱなものにも使えます。

心配はいりません。2023年に最適なDeepfakesアプリをご案内し、この力を責任を持って使用できるようお手伝いします。さあ、飛び込んで楽しんでみましょう!

記事もチェックしてください:最高のDeepNudesアプリ、最高のDeepFakeソフトウェア、最高のVtuberソフトウェア、最高のフェイススワップポルノアプリ、最高のAIバーチャルガールフレンドアプリ、

最高のAIガールフレンドセックスチャットボット

ディープフェイクアプリとは?

ディープフェイクアプリとは、機械学習アルゴリズムを使用して、リアルで説得力のあるフェイク動画や画像を作成するソフトウェアアプリケーションです。

これらのアプリは、高度な技術を使用して顔の表情、声のパターン、その他の特徴をマッピングして操作します。これにより、実際の映像と見分けがつかないような、説得力のあるコンテンツを作成できます。

ディープフェイク技術は、誤った情報を広めて個人に危害を加える可能性があるため議論の余地がありますが、エンターテインメント業界や仮想シミュレーションなど、さまざまな有用な用途もあります。

At a Glance:

2023年のベストディープフェイクアプリトップ15-ベストディープフェイクアプリ

リストに入る前に、これらのカムガールを体験して、ライブで見て、話して、奴隷にして、今すぐ無料で参加すれば、ポルノを見ることを忘れてしまうでしょう。

  • JerkMate:(お気に入り) お気に入りのカメラガールを奴隷に、2023年の新しい体験 
  • Myfreecams: 次の夢の女の子を見つけて、彼女に甘やかしてもらいましょう
  • Camsoda: ひねりを加えたカムガールズ

1. Reface

Refaceは楽しくて使いやすいディープフェイクアプリで、数回クリックするだけで有名人や映画のキャラクターと顔を交換できます。

AIテクノロジーを使用して高品質でリアルなディープフェイクを作成し、友達から笑われること間違いなしです。

Refaceが他のディープフェイクアプリと一線を画しているのは、自分の顔でカスタマイズできる人気のビデオミームの膨大なライブラリです。

価格/サブスクリプションの詳細:Reface Proの料金は年間360ドル以上で、週レートは6.99ドルです。年間29.99ドルのサブスクリプションが最もお得です。

こんな場合におすすめ:自分の顔を写した面白くてシェアしやすい動画ミームを作成しましょう。

2. Lensa AI

Lensa AIは、AIを活用したテクノロジーを使用して、自撮り写真を背景のぼかしや色の強調など、さまざまな効果を備えた美しいポートレートに変換します。

また、バーチャルメイク、ヘアスタイルとメガネの試着、年齢進行/回帰フィルターも提供しています。

最近、Lensaアプリがアバターの作成に人気を博し、多くの有名人がAIで生成されたアバター写真を共有するようになったため、かなりトレンドになっています。

価格/サブスクリプションの詳細:Lensa AIは年間29.99ドルのプレミアムサブスクリプションを提供していますが、Magic Avatar機能は50個のアバターで3.99ドルです。プレミアムサブスクライバーは 50% の割引を受けられます。新規ユーザーは1週間の無料トライアルを有効にでき、その後は年間29.99ドルが請求されます。

こんな方におすすめ:自分撮りを強化したり、バーチャルイメージチェンジを試してみたい人。

3. Deepswap

DeepSwapは高度な人工知能アルゴリズムを使用して、どんなに目の肥えた人でも騙すことができる非常にリアルなディープフェイクを作成します。

DeepSwapが他の類似アプリと一線を画すのは、直感的なユーザーインターフェイスと、ユーザーが好みに合わせてディープフェイクを微調整できる高度なカスタマイズオプションです。

ディープスワップを使用すると、一度に少なくとも6つのフェイススワップを作成することもできます。

Deepswapでは、ソーシャルファン向けの面白いミームやGIFを作成することもできます。

価格/サブスクリプションの詳細:DeepSwapには2つの価格オプションがあります。月額9.99ドルの月額プランと、初年度は49.99ドル、その後は年額99.99ドルの年間プランです。

こんな場合におすすめ:ディープスワップは、人工知能を使って高品質でリアルなディープフェイク動画を作成したい人に最適です。

4. Faceapp

FaceAppは、人工知能を使って写真にフィルターや変形を適用するモバイルアプリケーションです。加齢や性別の入れ替えもできます。

髪の色を変えたり、メイクをしたり、笑顔を加えたりできるなど、リアルな見た目の変形ができることで人気を博しました。

2019年から最も人気のある写真編集アプリの1つで、このアプリを使って簡単に印象、レタッチ、ひげの変形ができます。

価格/サブスクリプションの詳細:FaceApp Proには、7.49ドルの月額プランや、39.99ドルから59.99ドルのさまざまな年間プランなど、いくつかの価格オプションがあります。

こんな方におすすめ:自分や友達をリアルに変身させたいユーザー、フィルターやメイクアップを試してみたいユーザー。

5. Zao

Zaoは中国のディープフェイクアプリで、ユーザーは自分の顔の写真をアップロードして、それをさまざまな映画やテレビのシーンでお気に入りの俳優や女優の顔に重ね合わせることができます。

このアプリは、信じられないほどリアルなディープフェイクと、わずか数秒で動画を作成できることで人気を博しました。

価格/サブスクリプションの詳細:Zaoは、AndroidデバイスとiOSデバイスの両方にダウンロードできる無料アプリです。

こんな方におすすめ:人気の映画やテレビのシーンで高画質のディープフェイクを作成したい方。

6. Wombo

Wombo AIは人気のディープフェイクアプリで、ユーザーはAIで生成された3Dアニメーションを使用してリップシンク動画を作成できます。

アプリはユーザーの顔の動きをキャプチャし、それを人気の曲に適用します。その結果、ユーモラスで面白い動画が作成され、ソーシャルメディアプラットフォームで簡単に共有できます。

wombo Aiアプリの使用方法については、以下のビデオチュートリアルをご覧ください。

価格/サブスクリプションの詳細:Wombo AIは動画が無制限の無料アプリですが、広告もあります。ユーザーは、Wombo Proサブスクリプションを月額2.99ドルで購入することで広告を削除できます。

こんな方におすすめ:人気の曲に合わせてリップシンク動画を作成するシンプルで楽しい方法を探しているユーザー。

7. Deepfacelab

Deepfacelabは、専門家にも愛好家にも使用されている強力なディープフェイク作成ツールです。

顔の入れ替え、表情の移行、さらにはカスタムの顔のアニメーションの作成など、さまざまな機能を備えています。

このソフトウェアを使用するにはある程度の技術的知識が必要ですが、上級ユーザー向けに高度なカスタマイズが可能です。

価格/サブスクリプションの詳細:Dreamのプレミアムサブスクリプションには、年間プランが89.99ドル、月額プランが9.99ドルの2つの料金プランがあります。

最適な用途:ディープフェイク作品の高度なカスタマイズと制御を必要とする上級ユーザーやプロフェッショナル。

8. Facemagic

Facemagicは、ユーザーが写真やビデオをアップロードする必要があるディープフェイクアプリです。Facemagicは、リアルタイムの顔検出アルゴリズムを使用して、即座に顔を交換します。

ユーザーは、顔を入れ替えて動画を録画し、ソーシャルメディアプラットフォームで共有することもできます。

Facemagicは、全体的なエクスペリエンスを向上させるためのさまざまなフィルターと特殊効果を提供しています。

価格/サブスクリプションの詳細:毎月のPROメンバーシップは80ルピー、年間のPROメンバーシップは3450ルピーです。

こんな場合におすすめ:有名人や人気キャラクターとリアルタイムで顔を交換できます。

9. MyHeritage

MyHeritageは、ユーザーが家系図を作成したり、家族の歴史を調べたりできる系図ウェブサイトです。

そのユニークな機能の1つは、ディープノスタルジアテクノロジーです。これは、AIを使用して先祖の古い写真をアニメーション化し、短いビデオクリップで先祖が笑ったりうなずいたりしているように見せかけるものです。

このテクノロジーは、歴史上の人物に命を吹き込み、祖先とのより深いつながりを築くことができることで人気を博しています。

価格/サブスクリプションの詳細:MyHeritageは機能が制限された無料トライアルを提供しており、サブスクリプションは年間129ドルからです。

こんな方におすすめ:系図愛好家や家族の歴史を探求したい人に最適。

10. Face swap live

Face Swap Liveは楽しくて使いやすいアプリで、友達、有名人、さらには動物と顔を切り替えることができます。

写真やビデオを撮るだけで、アプリがリアルタイムで自動的に顔を入れ替えます。

フィルターを適用したり、フェーススワップを調整したりして、よりリアルな外観にすることもできます。

価格/サブスクリプションの詳細:アプリの価格は1.99ドルで、すべての機能のロックが解除されています。

こんな場合におすすめ:Face Swap Liveは、友達や家族と顔を入れ替えたり、陽気な動画や写真を作成したりする楽しくて楽しい方法を探している人に最適です。

11. Jiggy

Jiggyはユニークなディープフェイクアプリで、ユーザーは誰でもフェイスダンスやその他の動きを楽しく面白い方法でフィーチャーしたカスタムGIFを作成できます。

Jiggyを使用すると、ユーザーは自分の顔や友人の顔を録画済みのさまざまなダンスビデオに簡単に交換できます。パーソナライズされた共有可能なGIFを作成して、ソーシャルメディアプラットフォームで共有したり、個人用に保存したりできます。

最適な用途:友達や家族と一緒に面白くてクリエイティブなGIFを作成したい人に最適です。

価格/サブスクリプションの詳細:Jiggyは、さまざまな価格帯の月額プランと年間プランなど、アプリのさまざまなサブスクリプションオプションを提供しています。

プランは、月額3.99ドルから、生涯1回限りの99.99ドルの支払いまでさまざまです。月額プランは、月額7.99ドルから19.99ドルの範囲です。

12. Deepfake studio

Deepfake Studioはディープラーニングベースのアプリで、ユーザーは人工知能技術を使用してリアルなディープフェイク動画を作成できます。

フェイススワップ、リップシンク、オーディオ操作などの機能を備えており、高品質のビデオを作成できます。

このアプリはプロとアマチュアの両方向けに設計されており、ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

プロフェッショナルなタッチでリアルなディープフェイク動画を作成するのに最適です。

13. Dall-E Mini

Dall-E MiniはOpenAIが開発した人工知能プログラムで、テキストの説明から画像を生成できます。

他のディープフェイクアプリとは異なり、Dall-E Miniは既存の画像や動画を操作するのではなく、オリジナルのコンテンツを生成することに重点を置いています。

価格:無料で使用できます。

こんな場合におすすめ:ユーザーは目的の画像の説明文を入力でき、Dall-E Miniはその説明に基づいて独自の画像を生成します。

14. Deep Art

DeepArtEffects AI Photo Editorは、人工知能とニューラルネットワークを使用して、写真をさまざまなスタイルとフィルターを備えた美しくユニークなアートワークに変換します。

このアプリはディープラーニングアルゴリズムを使用して、人間のアーティストが作ったものと見分けがつかない美しい絵画、スケッチ、その他の芸術的効果を作成します。

価格/サブスクリプションの詳細:アプリは機能が制限された状態で無料で利用でき、ユーザーは月額または年額のサブスクリプションを購入すると、12か月のサブスクリプションで80ドル、つまり月額6.66ドルですべての機能のロックを解除できます。

こんな方におすすめ:写真をさまざまなスタイルやフィルターを使って美しくユニークなアートワークに変えたいと思っている人。

15. Speakpic

Speakpicは、写真の中の被写体をまるで話しているように見せて、どんな写真でもアニメーション化できるアプリです。

このアプリは人工知能を使用して、リアルで説得力のあるリップシンク効果を生み出します。

こんな場合におすすめ:ユーザーは自分の声を録音することも、あらかじめ録音した音声の中から選択して、写真に写っている被写体に特定の言語やアクセントで話させることもできます。

価格/サブスクリプションの詳細:NA

よくある質問:


ディープフェイクを発明したのは誰ですか?

2017年、「deepfakes」という名前の匿名のRedditユーザーが、AI技術であるディープラーニングの使用を広めました。これにより、多くの場合、視聴者を欺くことを意図して、人物のリアルな画像や動画を作成できるようになりました。

ユーザーは、ハリウッド女優の顔をポルノ俳優の体に重ね合わせたポルノ動画を共有しました。ディープフェイク技術はもともとポルノ目的で使用されていましたが、政治や娯楽など、さまざまな場面で使用されてきました。

ディープフェイクの作成にはどのようなソフトウェアが使われていますか?

ディープフェイクの作成に使用されるソフトウェアツールはいくつかあります。人気のあるディープフェイクソフトウェアには、ディープフェイスラボ、フェイススワップ、フェイクアプリ、ニューラルツールなどがあります。

これらのソフトウェアツールは、機械学習アルゴリズムを使用して顔の特徴を分析および操作し、本物そっくりの動画や画像を作成します。さらに、一部のオンラインプラットフォームやモバイルアプリでは、Reface、Wombo、Jiggyなどのディープフェイク機能も提供しています。

ディープフェイクは違法ですか?

ディープフェイクの合法性は国によって異なり、作成および共有される状況によって異なります。

多くの場合、名誉毀損や虚偽の情報の拡散などの悪意のある目的でディープフェイクを使用することは違法であり、刑事責任を問われる可能性があります。ディープフェイク技術を責任を持って倫理的に使用することが重要です。

ディープフェイクはAIを活用したテクノロジーですか?

はい、DeepfakeはAIを活用したテクノロジーで、機械学習アルゴリズムを使用して画像、動画、音声録音などの合成メディアを作成し、それを操作して非常にリアルなコンテンツを作成できます。ニューラルネットワークを使用して既存のデータセットのパターンを分析および学習し、その情報を使用して元のデータセットを模倣した新しいコンテンツを生成します。

ディープフェイクのメリットはありますか?

ディープフェイクは、エンターテイメント、医学、エンジニアリング、アートに潜在的な利益をもたらす可能性があります。本物そっくりのデジタルダブルを作成したり、シナリオをシミュレートしたり、プロトタイプを作成したりできます。ただし、危害や誤用を防ぐためには、倫理的な使用と責任ある取り扱いが不可欠です。

ディープフェイクに対してどのような対策が取られていますか?

ディープフェイク対策には、検出ツール、規制、公教育キャンペーン、メディアリテラシーへの投資などがあります。

プラットフォームはディープフェイクを禁止またはラベル付けすることで拡散を制限する措置を講じており、テクノロジー企業はAIを利用した検出ツールを模索しています。メディアコンテンツの信憑性を検証するための安全なデジタルIDに関する研究が進行中です。

結論:

ディープフェイク技術は近年長い道のりを歩んできており、プラスとマイナスの両方の影響があります。エンターテインメントや広告業界に革命をもたらす可能性を秘めていますが、個人や社会全体にも大きなリスクをもたらします。

技術が発展し続ける中、悪意のあるディープフェイクの拡散に対抗し、公衆を保護するための対策を講じることが重要です。

最終的には、ディープフェイク技術を責任を持って倫理的に使用することが、それが私たちの社会に与える影響を判断する上で鍵となるでしょう。

結論:
DeepFakesのベストアプリを再現したものは次のとおりです。
  • Reface
  • Lensa AI
  • Deepswap
  • Faceapp
  • Zao
  • Wombo
  • Deepfacelab
  • Facemajic
  • MyHeritage
  • Face swap live
>